本イベントは終了しています。

プロフィール

画像

沢松奈生子(さわまつ なおこ)
元プロテニスプレーヤー

■ 出身
兵庫県 神戸松蔭女子学院大学卒
■ 生年月日
1973年3月生まれ
■ 趣味
旅行・読書・ゴルフ・スキー
■ 好きな食べ物
厚焼き玉子・神戸牛・湯葉・日本麦など
■ 略歴
小学生時代は親の海外転勤に伴い、ドイツで過ごし、現地のスポツクラブで色々なスポーツを体験。帰国後、日本国内のテニスのジュニアタイトルを多数獲得、夙川学院高ではインターハイ優勝(個人・団体)、神戸松蔭女子学院大入学と同時にプロ転向。
1988年(高校1年生)15歳6ヶ月で全日本テニス選手権の女子シングルスに優勝(初出場)。四大大会の日本人最年少勝利記録など、数々の記録も保持。1995年の全豪オープンの期間中に阪神・淡路大震災が発生、自宅は全壊の被害に遭ったが、家族は奇跡的に全員無事。その最中、この全豪オープンでベスト8に進出。4大大会の自己最高成績を記録した。
沢松はプロのキャリアを通して、10年間にわたり世界ランキングトップ30 位台以内を維持した。4大大会でも「34大会」連続で本戦にストレートイン。オリンピックには1992年バルセロナ五輪と1996年アトランタ五輪の2度出場。シングルス自己世界最高ランキングは14位(日本ランキングは1位)。WTA女子プロテニスツアーでシングルス優勝4回を挙げた。
現在は、テニス解説者・スポーツコメンテーター、講演会講師など。レギュラー出演はTBS系の朝のニュース番組「あさチャン」、大阪毎日放送の人気番組「ちちんぷいぷい」で、コメンテーターを務めている。
■ 家族
叔母・吉田和子はキヨムラとのペアで1975年ウィンブルドン女子複優勝、母・順子も妹・和子とのペアで1970年ウィンブルドン女子複ベスト8、父の忠幸もウィンブルドンの土を踏んでいる。母と叔母を育てた名コーチである祖父・豊も長く日本のテニスの発展に寄与した功績により褒章を受賞している。

JR岸辺駅の北側に広がる「健康と医療」を
コンセプトとした北大阪健康医療都市(愛称:健都)では
11月以降、各施設が順次オープンしていきます。

図 アイコン拡大して見る

本イベントは終了しています。

このトークショーに
300名様をご招待!

※フォームによるお申し込みは、
J:COMホームページからご応募になります。
※応募者多数の場合は抽選になります。
ハガキ/FAXで
お申し込みの場合

住所・氏名・職業・年齢・性別(代表者)電話番号・
参加人数(1組4名様まで)を明記の上、以下の宛先まで

〒564-0051吹田市豊津町1-21 江坂中央ビル3F
ジェイコムウエスト吹田局内 健都オープン記念トークショー係

FAX : 06-7898-5040

10/5(金)必着

※お送りいただいた個人情報はイベントご招待の抽選のみに使用し、それ以外の目的では使用いたしません。

お申込みいただいた方はメール
または、はがき、お電話で
10月6日(土)に発信または
発送でご案内いたします。

ジモスポ
このイベントの模様はJ:COMチャンネル「ジモスポ北摂」で放送します。●放送ch/地上デジタル11ch(吹田・豊中・池田・箕面・茨木・摂津) ●放送期間/12/16~12/31 ●放送時間/(火)PM7:30~(水)AM8:30~(木)AM7:30~(金)AM8:30~ ●放送エリア/吹田・豊中・池田・摂津・箕面・茨城の各市のJ:COM接続地帯